RSS | ATOM | SEARCH
2020年2月6日 マスクの中も肝心

あなたに質問です。

 

口を閉じてみてください。

 

 

 

あなたの舌の先は口の中のどこにありますか?

 

 

 

本来、舌は上あご(上の前歯の裏側)に軽く接触している状態が望ましく、

 

下に落ちているほど口呼吸になっている可能性が高いそうです。

 

 

 

口呼吸はアレルギー性疾患や口の中の乾燥からくる口臭・虫歯・歯の喪失、

 

呼吸が浅くなることで呼吸器疾患のリスクや自律神経の乱れ、

 

集中力がなくなったり、嚥下機能も低下するなど、

 

百害あって一利なしとのこと。

 

 

 

実は、数年前まで私も口呼吸組。

 

すぐに喉がひりひりし、風邪引きやすい体質でした。

 

あるとき、購読していたメルマガで紹介されていた

 

 

福岡にあるみらいクリニック・今井院長が考案

 

 

「あいうべ体操」を実践。

 

https://mirai-iryou.com/aiube/

 

 

 

いつでもどこでも誰でもできる「あいうべ体操」は食後に10回、

 

一日30回を目安に地道に続けると、

 

舌力がついて自然を口を閉じることができるようになります。

 

口を閉じるということは、鼻で呼吸をしているということ。

 

 

やり方はとっても簡単

 

1.大きく口を開けて「あー」

 

2.しっかりと唇を引いて「いー」

 

3.タコのように唇を突き出して「うー」

 

4.下あごめがけて力いっぱい「べー」

 

 

それぞれの動きを3〜5秒かけてゆっくりとキープし、

 

全部で5〜10回繰り返します。

 

1日に30回目安に繰り返すと、

 

早い人なら3週間ほどで、

 

舌の位置が上あごにつくようになるそうです。

 

 

いまこそ

 

鼻呼吸を手に入れましょう!

author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:18
comments(0), -, - -
Comment