RSS | ATOM | SEARCH
2019年12月14日 HDDの悲劇

金時せんべいのある野方は

 

昔からテレビの電波環境が悪く

 

アナログ・ブラウン管テレビの時代は

 

画面がよく上下にスクロールしたものです。

 

あまりに調子が悪いときは空手チョップをくらわしたものです。

 

 

 

その電波環境の悪さから、十数年前に地元のケーブルテレビに

 

半ば強制的に加入することになり

 

現在に至っております。

 

 

そのおかげで画面スクロールもなく

 

快適な視聴環境を保っております。

 

 

現在は、ケーブルテレビ会社さまからお借りした受像機

 

いわゆるSTB(セットトップボックス)で

 

地上波、BS、CATVを選択して視聴しています。

 

 

自宅でリアルタイムで視聴、

 

なんていうのは朝晩のニュース番組くらいなもので

 

その他のドラマやスポーツなどは録画しております。

 

 

その録画する先というのが、

 

みなさまもご存じの

 

「外付けHDD(ハードディスク)」

 

 

大手電機メーカーの販売するBlu-rayレコーダーなどよりも比較的安価で、

 

CATVの会社などでも接続できるブランド・機種の紹介などが紹介されてます。

 

 

私のその教えに従い、

 

対応可能機種を購入し、様々な番組を録画して保存しております。

 

 

実は、ここ数日

 

STBの調子が悪く、すぐに立ち上がらない事象が発生。

 

 

早速サポートサービスに連絡し、

 

発生している不具合について説明。

 

訪問出張による原因究明と相成りました。

 

 

訪問日時の約束をとりつけて、電話を切ろうと思った矢先

 

電話口の向こうから、信じられない一言が・・・・・

 

 

「お伺いして状態を確認します。場合によってはSTBの交換となることがあります。

 

その場合には、外付けハードディスクをフォーマットすることになりますので

 

あらかじめご了承ください。」

 

 

 

「フォーマット?フォーマット??フォーマット???」

 

 

 

詳しいことはわかりませんが、

 

外付けHDDに録画したものは

 

たとえ同じ機種と交換しても、

 

その録画を頼った機械でしか再生できない。

 

フォーマットしないと使えないのであります。

 

にわかに信じられません。

 

 

だれか、ブルーレイディスクにダビングする方法を

 

教えてください!!!(涙目)

author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。