RSS | ATOM | SEARCH
2018年6月12日 金時せんべいの隠れメニュー?!
せんべい屋は


お寿司屋さん


家系ラーメン屋さんと並んで


大量に海苔を使用する業種。



金時せんべいも例に漏れず

一年を通じて大量の海苔を使っています。




突然ですが、ココで問題です。

Q. 海苔の数え方の単位は何でしょう?




A. 海苔を数える時の単位は・・・



「帖(じょう)」といい、

1帖は全型(タテ21cm×ヨコ19cmの基本サイズ)

海苔10枚分にあたります。




この写真は、海苔100枚入りのパック。

つまり、海苔10帖分。


金時せんべいでは、海苔の問屋さんに一回の仕入れでこのパックを5袋=50帖注文します。




話を元に戻しますと、


この海苔は、巻くせんべいやあられの形に合わせ切って使用しますが、


写真を見ていただくとわかるのですが、

切る前の海苔の端は不揃いのため、

金時せんべいのこだわりとして、細かく切る前に、まずは不揃いの四辺を直線に切り揃えることから始めます。


もちろん、切り取られた端っこの海苔を商品には使用しません。

かと言って、捨てるのはモッタイナイ!



端っこをある程度貯めておいて・・・

金時せんべいの職人が、本枯節の鰹出汁をたっぷり使って・・・






海苔の佃煮!!


今回は川根産・オイシイタケ入り〜


わが家では子どもたちが取り合いとなります^ ^
author:せんべい職人見習い, category:金時せんべいのこだわり, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kintokisenbei.com/trackback/3063