RSS | ATOM | SEARCH
2017年10月8日 あゆみ

現在、わが家の子どもたちが通う

 

中学校および小学校は

 

2学期制

 

 

つまり、前期と後期。

 

 

前期の終業式が先週10月6日の金曜日

 

 

というわけで

 

この三連休が「秋休み」。

 

 

 

もともとお休みなのに、

 

恩着せがましく

 

「秋休み」と名づけられていることに

 

憤慨している少年少女は多数いるものと思われます。

 

 

 

終業式といえば・・・

 

 

通信簿

 

 

 

2学期制なので通信簿は年に2回やってくる。

 

 

そして
 

『あゆみ』と名づけられた通信簿がやってきた。

 

 

 

昭和時代、私の通信簿の評価は

 

 

5 たいへんすすんでいる

 

4 すすんでいる

 

3 ふつう

 

2 ややおくれている

 

1 おくれている

 

 

5段階評価だったと記憶してます。

 

 

 

ところが、

 

 

次男の小学校の通信簿は

 

3段階。

 

 

 

たいへんよい

 

よい

 

もうすこし

 

 

 

保護者の理解としては

 

 

よい

 

ふつう

 

おくれている

 

 

ではないでしょうか。

 

 

 

これに照らせば

 

次男坊の評価はいたって普通なのでした。

 

 

 

いわゆる学習面の評価はあまり期待しておらず(笑)

 

注目すべきは、

 

担任の先生からの所見欄。

 

 

 

「落ち着きが無い」

 

「おしゃべり」

 

「授業に集中できてない」

 

 

 

あっ、

 

これは30数年前の私の通信簿(汗)

 

 

 

 

 

「嫌な思いをしている友達にそっと手を差し伸べる姿がよく見られました。

 

Sくんの勇気あるひと言に助けられた友達もいます。

 

その正義感を忘れず、学級の明るい雰囲気を作る存在になってほしいと思います。」

 

 

抱きしめながら、思いっきり褒めてあげたいと思います。

 

 

 

 

<おまけ>

 

生活・行動の記録

 

ほぼ、「よい」の評価でしたが、

 

 

 

唯一、「もうすこし」の評価

 

つまり「できていない」を頂戴したのが、

 

 

“ 身の回りの整理整頓できる ”

 

 

 

至極正当な評価と夫婦で苦笑い。

 

 

俺の子だ。

author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:15
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kintokisenbei.com/trackback/2813