RSS | ATOM | SEARCH
2017年4月27日 今日の言葉
久しぶりの【今日の言葉】シリーズ。


災難や苦難に遭ったら、

嘆かず、腐らず、恨まず、愚痴をこぼさず、

ひたすら前向きに明るく努力を続けていく。

これから将来、よいことが起こるためにこの苦難があるのだと耐え、与えられた苦難に感謝する。

よいことが起きれば、驕らず、偉ぶらず、謙虚さを失わず、自分がこんなによい機会に恵まれていいのだろうか、

自分にはもったいないことだと感謝する。

これが素晴らしい人生を生きるための絶対条件。

稲盛和夫著(京セラ名誉会長)

『成功の要諦』(致知出版社刊)より



驕らず、偉ぶらず、謙虚さを失わず、自分がこんなによい機会に恵まれていいのだろうか、

自分にはもったいないことだと感謝する大型連休を過ごしたいと思います。
author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:05
comments(0), trackbacks(0), - -
2017年4月18日 教えてください
ここ数日、


季節が春本番から


一足飛びに 夏!


気忙しいですね。




さて、

季節の変わり目といえば、


衣替え


わが家でも、冬に活用したダウンジャケットやスキーウェアだけでなく、



先日、卒業式&入学式と着た、普段着ることのないスーツなどなど


自宅の洗濯機で洗えない衣類が山のように・・・(・_・;



現在、妻から宿題が出されております。


「宅配クリーニングを探せ!」


おそらく、安いクリーニングサービスを探さなくてはならないのだと思います。



このブログの読者の方で、

宅配クリーニングを活用していて、オススメのある方いらっしゃったら

どなたか是非教えてください!




よろしくお願いしま〜す ^ ^
author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:50
comments(0), trackbacks(0), - -
2017年4月9日 15年ぶりの再会
中学に入学した長男、


早速、来週ビッグイベント。


移動教室で富士山の麓に!



ということで

当日の持ち物チェックをしてみると、


肝心の大型バッグ無い・・・(~_~;)


買うしかないとアマゾンの画面をスクロールしていると


ふと古い記憶がふつふつと蘇ってきました。



16年前、自宅を建て替えた時に

以前から持っていた洋タンスをウォークインクローゼットに押し込めることになったのですが、

建物の構造上、柱の出っ張り分、約20センチ程タンスの裏側に隙間ができてしまったのです。


そして、間も無く悲劇が起きることとなるのです。



そのタンスの上に一時的に置いてあった荷物が、

タンスの裏側に落下してしまったのです〜 (゚o゚;;



落ちた物体の引き上げのために必要なタンスの上部の隙間は

私たち夫婦の体の厚みを超えており、

回収は不可能。


将来子どもが生まれて、小学生くらいまで成長したら、

その隙間に潜り込ませて回収してもらおうと、

自宅版タイムカプセルイベントとして収束させたのです。



そして、その日がやって来たのです。





この隙間に兄弟が交代で潜り込み、

腕に擦り傷を作りながら30分の格闘の末


釣り上げました!




このバッグ、私が大学入学した年である1989年(平成元年)に、


大は小を兼ねるをキーワードに購入。


タンスの後ろに沈む2001年まで使い込みました。



シナリオどおり、16年ぶりの再会でした。
author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:15
comments(0), trackbacks(0), - -
2017年4月8日 中学入学!
「中学校の入学式に夫婦揃って行く人なんていないけど、出るの?」



と、妻にさんざん脅かされましたが、


昨日の午前中、


金時せんべいを両親にお任せして

長男坊の中学校の入学式に夫婦で参列してきました。



本来なら、父、私の母校である中学校へ進学するはずでしたが、


残念ながら生徒数の減少で10年前に廃校(>_<)



生徒数が膨れ上がった昭和32年

分校として開校した中学校に統廃合されるという、

笑うに笑えない、皮肉な結末だったのです。




それはさておき、


新入生に先立って

入学式が行われる体育館には、

在校生全員が入場。


おもむろに、式で披露する曲の合唱の練習を始めます。


おいおい、練習は昨日のうちに済ませておけよ!と、思わずツッコミ入れたくなる衝動に駆られましたが、



それは、演出だったのでしょう。

幼馴染に激似、


動きがキレキレ、


好感度抜群の音楽教師の指揮の元、


それはそれは一体感のある、素晴らしいパフォーマンスに見せてくれました^ ^



あてにならない私の嗅覚によりますと、

充実した中学時代を過ごせるフィールドに間違いなし(笑)


そんな雰囲気を感じさせてくれた入学式でした。



author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:45
comments(0), trackbacks(0), - -
2017年4月6日 聖地巡礼
昨日のこと、


夕方、せんべいの製造を終え

長男坊を連れて、とある聖地へ!





これまで、中野区のスポーツクラブで柔道を習っていた長男坊。


小学生クラスを卒業し、そのまま一般クラスへ・・・





と思いきや、


一般クラスに中学生が居ない・・・



さらに、進学する中学校に柔道部が、





あ・り・ま・せ・ん(>_<)








担当してくれた先生の勧めもありまして、


かの柔道の聖地へ

長男坊を連れて行ってまいりました!




「講道館」











長男坊は、あまりの緊張感で


終始顔が引きつったまま頭痛を発症(>_<)



新年度、何かと緊張の場面がありますが、

ここを乗り越えてまたひとつ成長してもらいたいものです^ ^
author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:30
comments(0), trackbacks(0), - -
2017年4月5日 贈る言葉
まもなく中学生になる長男に

ふさわしい贈る言葉を探していると、


ありました!



愛読するメルマガ

『致知一日一言』より




「青春は何かを成し遂げる時代じゃない。
何かに一所懸命になれたかどうかが問われるのが青春。」

北方謙三(作家)



author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:15
comments(0), trackbacks(0), - -
2017年3月24日 卒業
昨日は、長男坊の小学校卒業式に夫婦で出席しました。


私が同じ校舎で卒業式に出席したのが、今から34年前。


当時、母親は、ほぼ全員和服(わが家も)、


夫婦揃っての参列者はほとんど居なかった記憶が残っていますが、


両親だけでなくご家族で参列されている方もいらっしゃって、


かなりの隔世の感がありました。



入学したのが、


2011年


震災の起きた年。





あれから6年、親からしてみるとあっと言う間でしたが、


本人はどう感じ、どんな6年間だったのでしょう。



卒業式を終え、その足で謝恩会に向かった彼から預かった荷物


通信簿や成長の記録などにまぎれて一通の表彰状を発見。









6年間、

1日も休まず、

小学校生活を楽しんだ息子。



少し誇りに思います ^ ^


これからも、

強い心と身体を持ち

感謝の気持ちと優しさを忘れず

楽しい中学生活を送ってほしいものです。


author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:30
comments(4), trackbacks(0), - -
2017年3月15日 エールを贈る
義理チョコのお返しを


女子のお友だちの家に


親友と届けに行ったら




バレンタインにチョコを貰えなかった


息子とその親友の


それぞれの


本命の彼女が



部屋の奥に


鎮座ましましていたという


プチ悲劇を



半笑いで解説してくれた長男と



WBC侍ジャパンナインに



エールを贈った夜でした ^ ^



ドンマイ & ナイスゲーム!
author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:45
comments(0), trackbacks(0), - -
2017年3月11日 生かされている
せんべいが並ぶショーケース越しに


初めて金時せんべいにご来店くださったお客さまと会話している時に


経験したことが無い、激しい揺れがやって来た。






目の前にあるガラス製の地球瓶を両手を広げ押さえつけながら、


お客さまを店の外にご案内する間も無く、どこかへ駆け出して行ってしまった。



次の瞬間、ようやく家族に思いが及ぶ。


当時幼稚園児だった息子たち、

いつもなら降園後、3階の自宅で二人で遊んでいるはずだったが、


奇跡的に延長保育に預けていて、いつもと変わらぬ午後を過ごしていた。



この時、3階の自宅は強烈な横揺れによって、

食器棚からほぼ全てのガラス陶器が飛び出て

玄関に続く廊下はその破片で、靴を履いていないと外に出られない状況に。


もし子どもたちが、その瞬間の強烈な揺れ、食器類の割れる音を聞き、

逃げる避難路を塞がれた状況に置かれたら・・・


今でも背筋が寒くなる。




午後から出かけていた妻は、新宿駅で発車待ちの電車の中で激しい揺れに襲われる。


冗談抜きに死を覚悟したという彼女は、

反射的にいつもなら乗ることのない新宿西口から出る野方行きのバスに乗り、

多くの帰宅難民を生んだ大渋滞もはまらず、

暗くなる前に無事帰宅。




6年前、いくつもの奇跡が起きて、今がある。


改めて思う、


「生かされているんだ」と。




あの日の一枚
author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
2017年3月9日
流れる季節の真ん中で

ふと日の長さを感じます〜



数年前、私は、幼なじみの結婚式で目をつむり熱唱



春から中学生になる長男は、保護者の前で友と合唱





瞳を閉じればあなたが

まぶたの裏にいることで

どれほど強くなれたでしょう

あなたにとって私もそうでありたい



レミオロメンの名曲



今日は

『3月9日』





https://youtu.be/uglcY1aNdo4

カラオケ行きたい。
author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -