RSS | ATOM | SEARCH
2019年1月13日 タイムトライアル
いよいよ来月3日に迫った


第10回中学生「東京駅伝」大会


東京都の各区市町村から選抜された中学2年生による駅伝競走。







昨日は中野区選抜候補者のタイムトライアルということで


少々お仕事をサボって


長男坊の走りを見てきました。





残り3週間、補欠にならないよう、ジッと見守るだけです。
author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:45
comments(0), trackbacks(0), - -
2019年1月5日 ようやく観てきました
久しぶりの長文ですので

お時間あれば、お付き合いくださいませ。




時は

1986年3月


中学校の卒業式


校門の前では、感極まった卒業生の多くが
別れを惜しみ、

眼を真っ赤に腫らしながら、すすり泣いている。

なかにはか仲間にすがりついて泣き崩れる者もいるなか、


ポツンと一人、

自分の眼を、

それも自分の人差し指と中指で


突っつき続ける一人の少年がいた。


「泣きたいのに涙が出ない・・・」



当時流行っていた

斉藤由貴の卒業ソング


『卒業』


その歌詞が、幼なじみである彼を追い詰めていたかどうかは定かではありませんが・・・。










昨年の秋頃、

小学6年の次男坊から、珍しく映画のお誘い。


ディズニーか?ポケモンか?




「父さん『ボヘミアンラプソディー』観に行きたい!連れてって!!」



最初は耳を疑いましたが、


なるほど、彼は幼稚園児の時、

年長さんとして、最後の運動会の演技、

入場、演技、退場その全てにクイーンの名曲が使用され、

一時期に限って言えば、世界で最もクイーンを聴いている幼稚園児であったのであります。


彼からのオファーがあってから程なく全国公開され、

マスメディア、SNSを中心に話題となり、

私の周りでも、ものすごい盛り上がりを見せはじめますが、、、



ご存知のように、

私にとって


寸又峡の11月

そして

野方の12月は、



海の家の夏、

お祭りの屋台

神社仏閣の正月三が日のごとく



書き入れ時のため、次男坊の願いを叶えることができませんでしたが、



昨日、半日休みを取って

次男と、声を掛けたら予定が無いので行きたいという長男を連れ

親子3人で観て参りました!




ストーリー・内容についてを今さらここで記述しませんが、

劇場へ複数回通った方多数。

私の知る範囲で、ご覧になった方の感涙率は100%


親しいパパ友は、号泣必死と

あえて子連れ鑑賞をせず

おひとりさま鑑賞とのこと。




ということで

タオル持参であります(人生初)



ラスト20分あまりのライブエイドのクライマックスシーン

両目から信じられないくらいの涙が頬を伝い

歯を食いしばってなければ嗚咽が漏れそう・・・


そんな中、隣に座った次男坊の右手が私の目の前に。

無言で、「タオルを貸してくれ」


どうやら小学6年次男も、泣いているようです。

エンドロールが終わってもしばらく立てません。


感極まった私と次男。




その横でへらへら薄笑いを浮かべながら

「父さん、きみたち、泣いてたねぇ〜」

と中学2年の長男。



「ま、ま、まさか、お前泣いてないの?」と私。


「この映画で泣けなくて、『君の名は』で泣いたなんてありえね〜な」とは次男。




「いやぁ、となりの人も泣いてるからさぁ、泣こうとしたんだけど無理」


33年前、あの日の両目を突く幼なじみを思い出した

『ボヘミアンラプソディ』
   


帰宅してからコチラを見直す。

ティッシュBOXかかえて。




author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:30
comments(2), trackbacks(0), - -
2019年1月3日 希望の朝、調和の美
正月2日

わが家の恒例行事。


『書き初め』


冬休みの宿題のクライマックス。



指導監督である私は、


箱根駅伝および大学ラグビー選手権準決勝の状況を気にしつつ、

ほろ酔い熱血指導!









さぁ、指導の成果をご覧いただきましょう!


author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:30
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年12月22日 よりによって
お歳暮


とか


お年賀とか



時々、粗品とか



宅配便の送り状など、



一番の稼働時期なのですが・・・




「インクジェットプリンター」




ピピピピピ〜〜〜


真夜中の非情な警告音






助けて〜


アマゾン!


author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:03
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年12月15日 冬の必需品

寸又峡・晴耕雨読が

 

冬期休業に入ると

 

東京が中心の生活となるため

 

 

 

当然のことながら、温泉に入れない。

 

トロトロ、トゥルトゥル

 

 

日本、いや世界最高水準の泉質と自負する

 

寸又峡温泉に入れない。。。

 

 

 

そこで毎年、わが家では

 

冬の必需品となるのが

 

 

「入浴剤」

 

 

 

今年は、次男坊のリクエストでセレクト

 

アース製薬の

 

 

「温泡 ONPO」

“とろり炭酸湯”

 

“贅沢柑橘柚子”

 

”極上のとろりとした湯ざわりが味わえる炭酸タイプの入浴剤”

 

 

”おやすみ前の身体ケア”

 

肩こり・腰痛・疲労・冷え症に効果ありなんて

 

私のために開発されたような入浴剤。

 

 

オススメします!

 

 

アース製薬さんからなにもいただいておりません。

 

念のため。

author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:10
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年12月10日 中野区代表に選ばれました
晴耕雨読最終日、


深夜に東京の自宅に戻ると


リビングの床に・・・











どうやら


来年2月、味の素スタジアム内の武蔵野の森公園特設周回コースで開催される


『中学生東京駅伝』の中野区代表メンバーの一人に


長男坊が選ばれたらしく


その結団式に参加し、Tシャツとグローブが進呈されたそうです。



今後の練習でタイムが伸びなければ、サポート選手、

つまり補欠になる可能性があるそうなので、

妻が強烈な鞭をふるうのではないかと

2月まで気の抜けない長男です。
author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:00
comments(2), trackbacks(0), - -
2018年11月29日 今日の言葉
九州場所で初優勝した

小結・貴景勝関。



そのインタビューで、好きな言葉を聞かれ、



『勝って奢らず、負けて腐らず』


勝って喜ぶのは良い。

だが、奢るのはダメ。

負けても悔しがるのはいい、

腐るのがダメということ。



早速、わが家の子どもたちにシェア。

簡潔な言葉は、スッと入ってくる。
author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:20
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年11月18日 今日の言葉

月刊『致知』から毎日届く

 

「今日の言葉」

 

 

合点がいったり、

 

琴線にふれた言葉を

 

時々シェアしておりますが、

 

 

 

今日は、 近江国出身の明治時代の実業家であり

 

住友財閥二代総理事であった

 

伊庭貞剛氏(いば ていごう・さだたけ)の言葉。

 

 

 

「言葉は八分に留めて、後の二分は向こうで考えさせるがよい。

 

 分かる者にはいわずとも分かる。

 

 分からぬ者にはいくらいっても分からぬ。」

 

 

 

言葉も腹も八分目が肝心なんですね。

author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年11月9日 アンマーへ

アンマーとは

 

沖縄の言葉で

 

 

「おかあさん」

 

 

先日、誕生日を迎えたせんべい職人の妻

 

 

 

夫であり父である私としては

 

わが子たちにその日の前日

 

遠く離れた寸又峡から

 

 

「明日は何の日だっけ?」

 

 

とメールでけん制。

 

 

 

すると、

 

彼らは、

 

兄弟2人で

 

プレゼントを探しに

 

 

しゃれおつな街

 

私が高校時代よく通った

 

「吉祥寺」へ!

 

 

母の喜びそうな

 

美味しそうな紅茶と

 

ムーミンの靴下を選び

 

 

さらに2人で書いた手紙が添えられていました。

 

 

 

 

後日、妻にお願いして、その手紙を見せてもらいました。

 

そこには・・・・

 

 

“アナタの元に生まれ落ちたことは、こんなにも幸せだった”

 

 

 

このフレーズ、家族で大好きな曲の一節。

 

兄弟2人で選んだメッセージ。

 

思わず、涙腺が緩みました。。。。。

 

 

 

すでにご存知の方も多いと思いますが

 

まだ聴いたことのない貴方に

 

そして、世のアンマーに

 

シェアします!

 

 

 

author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:10
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年11月2日 新米!
今から9年前


私、 せんべい職人見習いがサラリーマン稼業から足を洗った年の秋のこと、


私より先に足を洗っていた先輩からメールが入りました。



その先輩、自身が会社を辞める数年前に東京から山梨へ転勤

その後、東京には戻らず

南アルプスを一望する八ヶ岳の麓、

長野・富士見高原に居を構えている方。



富士見高原は、奥さまのご実家の近所で、

お義父さんは兼業農家で、以前から美味しいお米を作っているという。



先輩は、わが家のお米の消費量がハンパないことを知ってか知らずか、

「お義父さんがさぁ、農協に納める分の一部を分けてくれるって言うんだけどどうだ?」

とのオファー。



即決で頂くことに。


それから毎年毎年、モミ米で美味しいお米を約300キロ譲っていただいてます。

農家さん以外で作り手の顔がわかる、お米を食べていらっしゃる方は、

それほど多くないのではないでしょうか。


今回も、新米!いただきに富士見高原詣で。


今年もありがとうございます!


会社を離れると疎遠になりがちな元同僚との関係ですが、

お米が繋いでくれています。


author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -