RSS | ATOM | SEARCH
2018年11月18日 今日の言葉

月刊『致知』から毎日届く

 

「今日の言葉」

 

 

合点がいったり、

 

琴線にふれた言葉を

 

時々シェアしておりますが、

 

 

 

今日は、 近江国出身の明治時代の実業家であり

 

住友財閥二代総理事であった

 

伊庭貞剛氏(いば ていごう・さだたけ)の言葉。

 

 

 

「言葉は八分に留めて、後の二分は向こうで考えさせるがよい。

 

 分かる者にはいわずとも分かる。

 

 分からぬ者にはいくらいっても分からぬ。」

 

 

 

言葉も腹も八分目が肝心なんですね。

author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年11月9日 アンマーへ

アンマーとは

 

沖縄の言葉で

 

 

「おかあさん」

 

 

先日、誕生日を迎えたせんべい職人の妻

 

 

 

夫であり父である私としては

 

わが子たちにその日の前日

 

遠く離れた寸又峡から

 

 

「明日は何の日だっけ?」

 

 

とメールでけん制。

 

 

 

すると、

 

彼らは、

 

兄弟2人で

 

プレゼントを探しに

 

 

しゃれおつな街

 

私が高校時代よく通った

 

「吉祥寺」へ!

 

 

母の喜びそうな

 

美味しそうな紅茶と

 

ムーミンの靴下を選び

 

 

さらに2人で書いた手紙が添えられていました。

 

 

 

 

後日、妻にお願いして、その手紙を見せてもらいました。

 

そこには・・・・

 

 

“アナタの元に生まれ落ちたことは、こんなにも幸せだった”

 

 

 

このフレーズ、家族で大好きな曲の一節。

 

兄弟2人で選んだメッセージ。

 

思わず、涙腺が緩みました。。。。。

 

 

 

すでにご存知の方も多いと思いますが

 

まだ聴いたことのない貴方に

 

そして、世のアンマーに

 

シェアします!

 

 

 

author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:10
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年11月2日 新米!
今から9年前


私、 せんべい職人見習いがサラリーマン稼業から足を洗った年の秋のこと、


私より先に足を洗っていた先輩からメールが入りました。



その先輩、自身が会社を辞める数年前に東京から山梨へ転勤

その後、東京には戻らず

南アルプスを一望する八ヶ岳の麓、

長野・富士見高原に居を構えている方。



富士見高原は、奥さまのご実家の近所で、

お義父さんは兼業農家で、以前から美味しいお米を作っているという。



先輩は、わが家のお米の消費量がハンパないことを知ってか知らずか、

「お義父さんがさぁ、農協に納める分の一部を分けてくれるって言うんだけどどうだ?」

とのオファー。



即決で頂くことに。


それから毎年毎年、モミ米で美味しいお米を約300キロ譲っていただいてます。

農家さん以外で作り手の顔がわかる、お米を食べていらっしゃる方は、

それほど多くないのではないでしょうか。


今回も、新米!いただきに富士見高原詣で。


今年もありがとうございます!


会社を離れると疎遠になりがちな元同僚との関係ですが、

お米が繋いでくれています。


author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年10月28日 今日の言葉

久しぶりの「今日の言葉」

 

毎日届く名言。

 

 

 

今も会社勤めしていたら

 

毎日の朝礼で何食わぬ顔して

 

まるで自分の言葉のごとく

 

語っていたであろう姿を想像しつつ・・・

 

 

 

口は人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう

 

耳は人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう

 

目はひとのよいところを見るために使おう

 

手足は人を助けるために使おう

 

心は人の痛みがわかるために使おう

 

 

 

腰塚勇人さん(「命の授業」講演家)

 

『致知』2013年3月号特集「生き方」より

author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:32
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年10月27日 必見!BSプレミアム「激走!日本アルプス大縦断〜2018 終わりなき戦い〜」

いよいよ

 

今晩19:00

 

NHK BSプレミアムにて

 

「激走!日本アルプス大縦断〜2018 終わりなき戦い〜」

 

放送です!

 

日本海から太平洋までの415km、

 

北・中央・南と3つのアルプスを駆け抜ける 

 

日本一過酷な山岳レース

 

それが、「トランス・ジャパンアルプス・レース(TJAR)」。

 

 

 

さて、番組の内容ですが

 

8月、厳しい選考をくぐり抜けた30人の猛者たちが8日以内のゴールを目指した。

 

大自然の猛威、極度の疲労、そして幻覚・幻聴に悩まされながらも、進み続ける選手たち。

 

賞品も賞金も、なし。彼らはなぜ走り続けるのか。

 

雄大な日本アルプスを舞台に、自らの限界に挑み続ける超人たちの姿に密着!

 

<NHK番組HPより>

 

 

 

晴耕雨読とも縁のある

 

井川の星・望月将悟さんが過去4度レースに参加し

 

彼はこれまで、前人未到の4連覇を達成

 

普段は消防士、山岳救助隊員として活躍する本物の山男が

 

5度目の挑戦。

 

 

 

今晩、本編ご視聴いただく

 

その前に

 

ぜひとも、下の動画をご覧になってください。

 

望月選手、5度目の挑戦がどれほど過酷なものであったのか・・・

 

 

より一層、番組をお楽しみいただけると思います。

 

 

 

 

       <2014年 TJAR3連覇後、晴耕雨読にて>

 

 

 

author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年10月19日 やっぱり生が一番
おとといの晩、鼓笛隊小太鼓担当の次男坊と一緒に


荻窪 「かふぇ&ほーるwith 遊」 で開催された

石田寛和さん率いる


Hirokazu Ishida & Rabbits コンサートに行ってきました!



スタンダードジャズを織り交ぜながら

耳馴染みのある石田さんオリジナルの楽曲というセットリスト。


さらに予定外と思われる2回のアンコール!!


秋の夜長、石田ワールドにどっぷり浸からせていただきました!















やっぱり生が一番!


ですが、



野方・金時せんべい

もしくは


寸又峡・晴耕雨読へお越しいただければ、

ひととき、癒しの時間をお約束いたします!
author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年10月14日 想い出のさくら堂

今からおよそ40年前

 

私が小学生の頃のルーティン

 

 

放課後、家に帰らず

 

学校の校庭開放でラケット野球

 

5時のチャイムが鳴ると同時に

 

一目散に駄菓子屋「さくら堂」へ。

 

 

この「さくら堂」これ以上無いというくらい

 

無愛想な老夫婦が営んでいたお店。

 

 

駄菓子屋=子供好き

 

 

という固定観念を一瞬で吹き飛ばしてくれるほど

 

清々しいくらいに無愛想。

 

 

 

どのくらい無愛想かって?

 

私の経験談をご披露いたしましょう。

 

 

 

 

雑然とした薄暗い店内でセレクトした駄菓子を

 

小銭握りしめレジに向かうと誰もいない。

 

 

レジの奥は曇りガラスの引き戸になっていて

 

ご夫婦の居住スペースと思われる。

 

 

少し待っても誰も出てこないので

 

「すみませ〜ん」と呼んでみる。

 

 

 

何の返事も無い。

 

 

 

「すみませ〜ん、すみませ〜ん」と

 

今度は少し大きな声で呼んでみる。

 

 

 

 

すると、不機嫌そうなオバさんのほうが

 

面倒くさそうに出てきて

 

「いらっしゃい。おまちどうさま」

 

などというありきたりの返答など返って来るはずはなく、

 

 

 

 

 

オバさんのお口からは、

 

小学生の想像をはるかに超える

 

驚愕の一言が放たれたのでした

 

 

 

 

「(うるせーな)何度も何度もあやまってんじゃないよ!(クソガキ)」

 

※カッコ内は、オバさんの顔に書いてあるように見えた文字です

 

 

 

小学校高学年だった私でしたが、

 

信じられない一言に、

 

思わず涙目になってしまったのは言うまでもありません。

 

 

それでも、ほぼ毎日通ったさくら堂。

 

北原っ子に愛されたお店は

 

今はもうありません。

 

 

 

 

40年以上前から

 

そんな駄菓子ファンの私。

 

 

当時から大好きだった駄菓子を仕入先で発見!

 

思わず大人買い。

 

 

 

貴方の好きな駄菓子は何ですか〜?

 


 

 

author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:00
comments(2), trackbacks(0), - -
2018年10月12日 旬の味覚 〜 信州・塩尻
祖父の代からお世話になっている税理士事務所の

担当税理士さんのご実家が、


信州随一のぶどうの産地である塩尻で


松崎園というぶどう農家さんだということを知ってからというもの


毎年、もぎたてのぶどうをお取り寄せしていて、


昨日、華やかな香りとともにわが家にやってきました!





写真奥にある、黄緑のぶどうが塩尻特産の生産量日本一のナイアガラ、甘みと酸味のバランスが絶妙でした!




また、私のリクエストで、信州ワインの代名詞といっても過言ではない塩尻ワイン。


松崎園さんで獲れたぶどうで仕込んだワインも届きました。




「塩尻メルロ」





「塩尻セイベル9110」




信州塩尻、海抜700mの丘陵地帯「桔梗ヶ原」。

1911年に開園、100年を越えてワインづくりの伝統を積み重ねている


林農園「五一わいん」の逸品。


秋の夜長、楽しませていただこうと思います ^ ^
author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:55
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年10月8日 赤ペン先生とおはなししよう!

スマホで撮った写真は

 

Wi-Fi環境下に入ると

 

容量無制限のアルバム「Googleフォト」に

 

自動的にバックアップされます。

 

 

デジカメを手にしてからパソコンに保存してあった

 

約10年分の写真も、パソコンから「Googleフォト」へ。

 

 

というわけで、

 

「Googleフォト」には、

 

ものすごい数の写真が保存されているのですが、

 

 

時々、先方から

 

「20○○年この日の思い出」と題した

 

お知らせが届きます。

 

 

過去、同じ日に撮影された写真を一覧表示し

 

つかの間、ノスタルジックな気分に浸ることしばしば。

 

 

先日届いたお知らせ

 

どうやら6年前のものらしい・・・

 

 

スマホのアプリを起動させる前に

 

何があった日か思いをめぐらしてみる・・・

 

 

 

全く想像もつかないままアプリをオープン。

 

 

そこには、4歳児の壮大な野望が刻まれておりました!

 

 

 

 

 

 

赤ペン先生へ

 

 

その答えは

 

私に教えてください。

 


 

 

author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:30
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年9月26日 今日の言葉
今月1日


東京の日の出時刻 AM 5:13

日の入時刻 PM 18:09



だったのですが、





今月末、30日には


日の出 AM 5:35


日の入 PM 17:27



なんと、日暮れが約40分も早くなってしまうのです。


秋の夜長、くれぐれも飲み過ぎには注意したいですね (~_~;)




さて、久しぶりの「今日の言葉」


毎朝届く、私の朝刊


中でも、特に響いたフレーズを今日もシェアします!


努力しようとして努力するというのは、

本当にいいことではありません。

努力を忘れて努力する、

これが本当にやるべきことなのです


幸田露伴(小説家)  
author:せんべい職人見習い, category:プライベート, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -